プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五つのオレンジの種


ホームズ全集の『シャーロック・ホームズの冒険』5作目。原題は"The Five Orange Pips"。

前回の'The Boscombe Valley Mystery'(日本題「ボスコム谷の惨劇」)は『冒険』初の殺人ものでしたが、こちらは『冒険』初の連続殺人もの。

あるときある人物のもとにオレンジ種が5粒入った封書が送られてきます。するとまもなく、その人物がきまって不可解な死をとげるのです。しかし、その死はいずれも一見事故死のように見えるため、警察は事故として処理してしまいます。

ホームズへの依頼人もそのオレンジ種が5粒入った封書が送られてきた人物。警察に言っても取り合ってくれないためホームズのもとに駆け込んだというわけ。

ホームズはその依頼人を殺人鬼の手から守れるのか?というのが物語最大の興味となります。その興味に加えて、5粒のオレンジ種の意味は?連続殺人の背景にある共通した動機は?そして犯人は?といった謎も加わりますので、結構わくわくします。

で、その"わくわく"に作者はどう応えてくれるでしょうか?

--------------------
残念! ちょっと肩透かし気味でした。特に犯人とその動機が今の目から見ると陳腐な感じがしてしまい、いただけません。

これまでに読んだ3作は、子供の頃読んだ内容をほとんど覚えていなかったのに対し、この作品はおぼろげながら覚えていたせいもあるかもしれませんが、覚えていなかったとしても評価はそんなに高くはならないような気がします。

ただ、最後のひねりはちょっと気がきいています。

【じっちゃんの評価:★★】

スポンサーサイト

COMMENT

私もたしか、読みました。ずっと前。
でも覚えてないんですよね。
たくさんあるホームズものでも印象が薄いほうかも知れません。

じっちゃんさん、このブログに訪問しやすいように「リンク集」に入れさせてもらってもいいでしょうか?

>じっちゃんさん、このブログに訪問しやすいように「リンク集」に入れさせてもらってもいいでしょうか?

もちろん、もちろん、大歓迎! こちらからお願いしたいくらいです。☆⌒(*^-°)v Thanks!!

おむすびさんのブログもリンクさせていただいていいですか?

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。