プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂東三十三ヵ所①-5 吉見百穴



 10時少し過ぎ、吉見百穴に来た。山腹にいくつもの横穴が開いている姿はまさに奇観。

  横穴は古墳時代の墓で、日本最大の規模を誇るそうだ。モース博士や正岡子規も見物に訪れている。



 最下部の墓穴にはヒカリゴケが自生している。ヒカリゴケを生で見るのは生まれて初めて。



 百穴は上に登ることもできる。穴にはもともとは石の蓋がされていたとのこと。

 う~ん、これはいいものを見ました。一見の価値ありです!
スポンサーサイト

COMMENT

No title

ゾクゾク! 寒気でなくて面白さでゾクゾクします^^
ヒカリゴケで光る墓穴@@;
こういうお墓のマンション、いにしえの歴史を感じて、ヒカリゴケになった権力者たち、一族郎党が、物を言いそうな、という感じですね。

良い物を見せていただきましたm(_ _)m

No title

アイマイさん

 百穴の最下部には軍部が大きな穴を掘って軍需工場として使った(何と不敬な!)跡が残っています。そこは中に入れて、入った途端に、本当にひんやりとして、ぞくぞくっとしました(^^;

 ヒカリゴケは以前は床一面に生えていたそうす。今は隅っこにしか残っていません。そのうち無くなっちゃうんでしょうか。そうならないといいんですが。

 

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。