プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道を行く③-10 大磯の宿



 大磯の宿に入る。大磯の宿の手前の大磯一里塚から江戸見附までの道が昔の風情を残していて楽しい。今回の一番かな。



 大磯駅の手前にある大磯迎賓館。迎賓館と言っても本物の迎賓館ではない。古い洋館を改装してレストランにした会社が名付けた店の名前。大正元年に建てられた別荘で、日本で初めてツーバイフォー工法で建てられた住宅とのこと。



 大磯駅。手前の看板に小さく書いてあるように、大磯海岸は日本最初の海水浴場である。幕末・明治期の医師で、日本の西洋医学を立ち上げた名医松本良順が開いた。

 大磯の宿の見物は次回な回すこととしにして、今日はこれで打ち止め。帰宅の途に着く
スポンサーサイト

COMMENT

美味しいラーメンに遭遇

お疲れ様でした o(^ - ^)o

富士山が見えなくて残念でしたね
でも美味しいラーメン、しかもじっちゃん史上
5本の指に入るとはラッキーでしたね

大磯ビーチが日本で最初の海水浴場だったのですか〜
面白いですね
昔の人はエンターテインメントに対しての余裕があったのかな
小樽のオタモイの断崖絶壁に遊園地やホテルが昔あったんですよ
辺鄙な場所なのに〜当時は賑わっていたらしいです
ニシンで大儲けした網元さんがいたからでしょうか〜

4万歩以上も歩かれたんですね
足に疲れが溜まってくるのではと心配です
クールダウンしてくださいね o(^ - ^)o

No title

ピットママさん

お気遣いの言葉ありがとうございます。

>昔の人はエンターテインメントに対しての余裕があったのかな
大磯海岸を開発したのは医者の松本良順で、最大の目的は日本人の健康増進でした。良順の指導者だったオランダのポンぺが「海水浴は身体によい」からと薦めたのです。もちろんエンターテインメントということもありましたが、第一は健康増進ですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。