プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道を行く⑤(2/5)-2 千本松原に圧倒される



 旧東海道を少し離れて、沼津市最大の名所千本松原にきた。街道とは並行しているので、昔の旅人も街道ではなく、景色のいいこちらを歩いたのではなかろうか?

 戦国時代末期武田勝頼が伐採してしまった松林を、増誉上人というエライぼうさんが5年をかけて復活させたという。写真左奥に小さく写っている白いのが増誉上人の像。

 現在では千本どころか、10kmに渡って30万本以上の松があるそうだ。



 歩いても歩いても松。その景観はまさに圧巻としか言いようがない。森厳な雰囲気が漂い、なんだか敬虔な気持ちにさせられる。



 松林の中に井上靖の文学碑があった。井上靖は生まれは旭川だが、幼い頃に伊豆に移り、幼少年時代を天城や沼津で過ごした。その頃を描いた作品に『しろばんば』『夏草冬濤』がある。



 防波堤から見た千本松原。これが延々10kmも続く。



 千本松原越しに富士山が顔を出した。
スポンサーサイト

COMMENT

No title

富士山は元気の源ですね。

千本松原、10キロもあるのですね@@
富士山は、はずかしがり屋さんだったのですねv-263

アイマイさん

今日(6/4)は富士ががっつり見えてます。おっしゃるとおり、本当に元気の源です!

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。