プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道を行く⑤(4/4)-6 由比宿で桜えびを食す

 由比に着いた。



 由比と言えば桜えび。しかも、桜えびの猟期は今週いっぱいとか。旬が終わろうとしているいま、もう食べるしかありません。



 由比漁港にある浜のかきあげや。由比漁協直営の大人気店。ふだんなら行列必至だが、平日のこの時間(10時半過ぎ)だからね(それでも11時頃には行列ができていた)。



 食べるところはオープンカフェみたいになっている。もう結構な客がいる。



 さて、食べたのは桜えびの沖漬け丼とかきあげのセット。これで1000円。コスパ抜群。

 かきあげはサクサクで、食べたとたんに桜えびの香りがプーンとして、もうたまらん美味しさ。



 沖漬け丼は半分食べたところでスープを加えて、茶漬けにして食べる。これもダシが効いていて、ンマーい。

 ああ、これを食べただけでも今日歩いた甲斐があった。

 あっ、由比宿のことを書くのを忘れてた。ついでに(!?)書いておこう。



 由比本陣。建物は残っていないが、跡地が整備されて公園になっている。結構広い。

 由比は幕府転覆を図った慶安の変の立役者、由井正雪の生まれ故郷でもある。



 本陣公園のすぐ前に正雪の生家と言われる正雪紺屋があった。



 由比の家には、この写真のように、軒下のつばめの巣の下に糞落下防止の板をわたしている家が多い。つばめと共存している証拠で、心がふんわかと温かくなる。



 町並みもこころなしか優しい。

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。