プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲド戦記

スタジオ・ジブリの最新作『ゲド戦記』を見てきました。

インターネットで、既に観た方の感想を見るとイマイチ評判がよくないのでどうかなあと思っていたのですが、そのために過大な期待を抱かなかったのもよかったのかもしれません、とても面白く見ることができました。

とにかく展開がスピーディで一秒たりともあきさせません。意図的なのかどうなのか(前者だとは思うのですが)舞台設定や人物に関する説明を極力抑えているため、「この人誰?」「これいったい何?」「これどういう意味?」と頭の中が?マークで一杯になり、ミステリアスな興趣が盛り上がります。最後の方は別として、こんなに先の展開が読めない映画は珍しいです。

--------------------
絵作りも丁寧できれいです。“アースシー”という架空の国、架空の時代のお話ですが、まあ大雑把には中世ヨーロッパと思ってください、山の上から見た町のパノラマや町の家並み、雑踏の様子は息を呑むすばらしさで、これだけ見るだけでもお金を払う価値ありというものです。原作の活字からこれだけ再現するにはどれだけの想像力とどれだけの技術がいるんだろうかということに思いを馳せると、ため息が出ずにはいられません。

音楽や挿入歌も、その使い方も相変わらずうまく、音楽を聞いただけでジーンときてしまいます。

もちろん欠点もいくつかあることは確かです。

先ほど「説明を極力抑えている」と書きましたが、それによってミステリアスな雰囲気が醸し出される一方で、物語の枠組みや個々のエピソードの意味が大変わかりにくくなっています。中には最初から最後まで何が何やらわからなくなる観客もいらっしゃるかもしれません。ぼくにも映画を見終わった今でもわからずじまいなことがたくさんあります。

最大の謎はタイトルの意味。ゲドがある登場人物の名前であることはわかりますが、なぜその人物の名前が冠せられなければならないのか? そしてなぜ「戦記」なのか?(※)

※ちなみに、ぼくは原作をよんでいません。

主人公のアレンが映画の冒頭で起こす事件の意味もよくわかりません。そこに至るまでにアレンに何があったのか。そこがまったくわからないために、その後のアレンの苦しみや成長ぶりがいまひとつ心に迫ってきません。

龍の使い方も効果的とは思えません。物語の中盤でもう少し龍を絡めていたら、結末がもっと生きたのではないでしょうか(もっとも、これは原作の罪であって、映画の罪ではないかもしれませんが)。

また必ずしも欠点とはいきれませんが、いつものジブリ作品と違い、クスリと笑えるシーンがまったくありません。ユーモアの類はゼロです。そのため観客は息抜きができません。そのためだけではないでしょうが、映画の全体的なトーンも暗くなっています。

最大の欠点は物語全体の枠組みが矮小なこと、あるいは矮小に見えてしまうことです。小さな世界の小さな争いにしか見えません。登場人物の言うような、この世界を揺るがすような争いには見えないのです。そのせいもあるでしょう、結末も腰砕け的な感じが拭えません。

評論の因果で、いくつか欠点をあげつらいましたが、それでもこの映画は必見です。日本アニメの実力を証明するアニメとして。今後のジブリアニメを背負う一人になるであろう宮崎吾朗監督の処女作として(処女作として太鼓判付きの上出来だと思います)。そして、何よりもハラハラドキドキと感動を味わえる映画として。

【じっちゃんの評価:★★★☆】
ゲド戦記 - goo 映画

スポンサーサイト

COMMENT

なるほど。みたいなあと思いながら
映画館は無理な状態に突入し・・・

じっちゃんさんの力の入った評論読んで見た気になっておきます。

といいつつ、こんなに丁寧に書かれているとやっぱり見たいなあ。毛布持参で見に行くか!

おむすびさん

お身体がよくなって、『ゲド戦記』を早く見られるようになるようお祈りしています。

>こんなに丁寧に書かれているとやっぱり見たいなあ

ありがとうございます。このようにおっしゃってくださるのは最大のよろこびです

はじめまして、ひだまりねこと申します。ご訪問とコメント本当にありがとうございました(^^)
私もゲド戦記、観ましたよー!
じっちゃんさまの記事、大変素晴らしいです!
また、拝見させていただきますね(^^)
それと、私もサオリンかわいいなぁ、と思います♪

ひだまりねこさん、
_ρ(^^ )ノ イラッシャーイ(桂三枝風) !

>じっちゃんさまの記事、大変素晴らしいです!
ありがとうございます。and お恥ずかしいです。

>また、拝見させていただきますね(^^)
★⌒(@^-゜@)v よろしく

>私もサオリンかわいいなぁ、と思います
ですよね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゲド戦記。

シネマイレージがたまっていたので、タダで観てきました。原作読まずに観たので、なんでハイタカがゲドなのかも良くわからんで帰ってきました(苦笑)美術がすごい綺麗でしたね。空の色とか雲の色とか好みでしたわ。キャラはジブリだからしょうがないとして(笑)、なんとな
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。