プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂東三十三ヵ所④-8 鎌倉で穴子丼



 1番杉本寺に近い穴子丼の名店左可井で、昼食に穴子丼をいただく。本格的な穴子丼をいただくのは初めてである。



 店構えは外観も店内も一般家庭を店にした趣きである。それにしても、平日の開店直後だというのに店内は満席である(しばらくすると、外に長い行列ができた)。早めに来てよかった。

 注文を受けてから穴子を焼いているのだろう。すぐには出てこない。待つこと約20分強穴子丼が来た。



 見るからにうまそうである。早速かぶり……つかずに、味噌汁を飲む。出汁がきいている。付け合せのナスの煮びたしも卵焼きも上品でうまい。穴子丼への期待が高まる。

 そして今度こそ穴子丼にかぶりつく。うまい。穴子がとろけるようだ。

 だが、だが、自分の好みから言うと、あっさりしすぎている。やっぱり脂ののったうなぎには負けるかな。チャンチャン。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。