プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑衣の鬼


理由はよくわからないんですが、乱歩の作品が無性に読みたくなり、近所の古書店に行って乱歩の作品を3作買ってきました。

その3作品とは『緑衣の鬼』『蜘蛛男』『幽霊塔』。その中で最も本格ミステリに近いと思われる『緑衣の鬼』をまず手に取りました。

『緑衣の鬼』は子供の頃ポプラ社の乱歩全集を読み漁った時に読んでとても面白かった記憶があります。それを大人になった今読んでどう感じるか、それも興味津々です。

「解説」を読んで初めて知りましたが、『緑衣の鬼』はミステリファンの中では超有名な海外の古典的名作を下敷きにしているようです(※)。その古典的名作はもちろん読んでいますが、世評に反して一向に面白くなくがっかりしたことを記憶しています。『緑衣の鬼』を選んだのは、その古典的名作への再チャレンジという意味もありました。

※『緑衣の鬼』を真っ白な状態で読みたい方は、この「解説」(乱歩自身の「自註自解」も含め)は読まないほうがいいでしょう。

--------------------
この作品は乱歩お得意の怪人ものになっています。全身緑づくめの怪人が出没し、それとともに奇怪な誘拐事件や殺人事件が発生します。

この緑衣の怪人を始めとして乱歩はこの作品にお得意のおどろおどろしい仕掛けをどんどん投入します。

銀座のビルに大写しされる怪人の影、その影が握る短剣(これも影)に襲われる美女、窓に映る怪人の影、どこからともなく聞こえてくる不気味な笑い声、トランク詰めの美女、廃墟と化した水族館、秘密の地下道、そこでの追跡劇 etc. etc.

まさに「乱歩ワールド」てんこ盛りといってもいいですが、残念なことにその「乱歩ワールド」は、通俗的なスリラーや子供向け探偵小説を書き始めてからの乱歩ワールドであって、ぼくが心酔するそれ以前の乱歩ワールドとは異なります。

子供の頃ならこれらの仕掛けにハラハラドキドキしたでしょうが、ミステリを読み慣れた身にはちょっとげんなりするものがありました。

ただ、こうした子供じみた仕掛けを取り除いた、ミステリとしての骨格は結構しっかりしており、事件の真相も十分に意外です。もっとも、現在の眼で見るとありがちな真相と言えないこともありませんが。

それと、この作品の下敷きとなった例の古典的名作の内容を全く覚えていないようでいてやっぱり覚えているんですね。読んでいるうちに、ああこれが犯人かと思い当たってしまって。「解説」を読むんじゃなかったと悔やみましたが、後の祭りでした(※)。

※「解説」を読まなければ、この作品を読んでもあの作品が下敷きになっているなんて思いつきもしなかったでしょう。それくらい元の作品が乱歩流に換骨奪胎されています。

【じっちゃんの評価:★★】

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。