プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルからは想像できない卓抜な対談集~『男気万字固め』



 タイトルと表紙だけを見たら、100人が100人、プロレス本だと思い、そしてその多くが本書を手に取ろうとしないだろう。プロレス嫌いのぼくも普通だったら永遠に手に取らなかったはずだ。ところが、ある本で激賞していたのを見て、読む気になったのである。そして読み終えた今、それは大正解だったと断言する。

 本書は対談集である。インタビュアーは著者の吉田豪。対談の相手は山城新伍、ガッツ石松、張本勲、さいとう・たかをなど7人。そこに共通するのはタイトルにあるとおり「男気」。顔ぶれをみてなるほどと思うが、読んでみてそれをさらに強く確認することになる。その意味で異色なのが最後に登場する乙武洋匡。「えっ、彼のどこが男気?」と思うが、読んでみるとそれがなかなかの「男気」ぶりなのである。

 この対談集の面白さは本音炸裂のトークにある。「えっ、ここまで言っちゃっていいの?」という話が頻出する。犯罪すれすれというか犯罪そのもののような話も出てくる。それらを「男気」のある人たちは隠そうともしない。この人たちはもう一般常識を突き抜けちゃってる感じ。対談後の原稿チェックでもほとんど手直しが入らなかったそうだ。

 だから、面白くないわけがない。これまで読んだ対談集の中でも飛び抜けて--いやいちばん面白かったと言ってしまおう。

 そこまで本音を話せるのは、当然のことながら対談相手のキャラが大きいが、それと同じくらい大きいのが、インタビュアーの吉田豪の手腕だろう。とにかく事前準備が徹底している。対談相手が書いた著書を初めとして、関連資料を過去に遡って徹底的に収集し、それをすべて読破する。中には対談相手が存在すら知らない(あるいは覚えていない)資料があったり、自分が書いたにもかかわらず所持しておらず「譲ってくれ」と頼むものもあったりする。

 吉田はその事前知識を縦横無尽に駆使して対談相手に水を向け、本音トークを引き出していく。対談相手が「そんなのなぜ知ってるの?!」と驚くこともしばしば。

 合いの手や、相手を持ち上げる技術も水際立っていて、読んでいて、対談相手が気持ちよく話しているのがよくわかる。これなら本音も出るわけである。本書を紹介していた本で著者を「対談の名人」と評していたが、うなずける話である。

 繰り返す。タイトルと表紙で引いてしまう人もいるかもしれないが、これは出色の超オモシロ対談集である。気楽に読めるし、ぜひ一読をお勧めする。

スポンサーサイト

COMMENT

面白そうですね

じっちゃっん、お勧めの本!
きっと、そこには周りに左右されない
独自の考え方があるのかな〜

きっと迷った時などには後押しをしてくれるような
ヒントがあるかもしれませんね

No title

>周りに左右されない独自の考え方があるのかな〜
そのとおりです!
読んでおられない(ですよね?)のに
よく分かりますね(*^^)v

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。