プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道を行く⑥(1/2)-6 三保の松原を行く

 三保桟橋から三保の松原へは距離もあるので、普通バスで行くが、ぼくは歩くのが好きなので、往復歩くことにした。距離にして10キロ弱。

 歩くこと約30分、御穂神社にでた。

 神社から松原までは神の道なる板葺きの松並木が数百メートル続いている。歩いていて厳かな気持ちになる。

 松原に着いた。写真は有名な羽衣の松。昔々、天女が脱いだ羽衣をこの松の枝に掛けて水浴びしたと言う。ただし、今の松は最近植え替えられた二代目。一代目は残念ながら立ち枯れしてしまった。

 砂浜へ向かう。世界遺産になったときテレビで繰り返し見せられたあの風景があった。

 さらに砂浜を歩くとテレビではみられなかったこんな素敵な風景もあった。

 ここから海岸に沿って桟橋へと戻る。三保半島をほぼ半周したことになる。今日はこれで打ち止め。宿へと向かう。

スポンサーサイト

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。