プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の知恵が詰まっている・・・かな?~『ラ・ロシュフコー箴言集』



 名著中の名著である。岩波文庫版の表紙にも「フランス・モラリスト文学の最高峰」という最大の賛辞が書かれている。

 人生の指針のようなものが得られるのではないか、あるいは何かの折に「ロシュフコーはこう言っている・・・・・・」など言って箴言のなかから気の利いた言葉を引用したらカッコイイのではないか、そんな思惑で読みはじめた。

 確かに、気の利いた言葉もある。たとえば……

「われわれは希望に従って約束し、怖気に従って約束を果たす」
「人間は何かに動かされているときでも自分で動いていると思うことが多い」
「人は決して自分で思うほど幸福でも不幸でもない」
「ほんとうの恋は幽霊と同じで、誰もがその話をするが見た人はほとんどいない」
「誰も彼もが自分の記憶力を慨嘆し、誰一人として自分の判断力を慨嘆しない」

「なるほど」と思う(特に最後のやつはいい)。しかし、それ以上でも以下でもない。感心するというほどでもなければ、心に沁みてくるわけでもない。しかも、この「なるほど」というレベルでも10にひとつくらいの確率である。

 その逆に出来の悪いものならたくさんある。そんなの言われなくてもわかってるよとか、だから何?とか、意味わかんないというレベルのものが。例をあげよう。

「どうやらわれわれの行為には吉、凶の星がついていて、人がわれわれの行為に寄せる称賛や非難の大部分は、その星のおかげであるらしい」
「女を愛せば愛すほど憎むのと紙一重になる」
「誉める非難があり、くさす賛辞がある」
「偉大な素質を持つだけでは充分でない。それを活かす術が必要である」
「人が恋について話すのを聞かなかったら、決して恋などしなかっただろうと思われる連中がいる」
「われわれの改悛は、犯した罪に対する悔であるよりも、むしろその悪の報いとして身に及ぶかもしれない悪に対する恐れである」
「大部分の人は羽振りや地位によってしか人間を判断しない」

 これくらいでいいだろう。読むほうの理解力、洞察力が不足しているのかもしれないが、こういうのがずらっと続くと、読み続けるのがつらくなってしまう。というわけで、500余ある(本編のみ)箴言のうち230ほど読んだところで読むのをやめてしまった。

 これが「フランス・モラリスト文学の最高峰」というのなら、フランスも大したことない。わが国の「徒然草」あたりのほうがはるかに上だ……と憎まれ口をきいておく。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。