プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

般若心経がなんと絵本に!~『般若心経絵本』



 昨年めでたく結願した四国遍路では各札所で般若心経を2回ずつ詠む。必然的に般若心経に関心を持つようになった。

 キリスト教やイスラム教の信者でもなく、ただそれらの解説本を読んだだけのぼくがこう言うのもなんだが、三大宗教のなかで仏教がいちばん奥深いように思う。少なくとも、教えを最も徹底して深いところまで掘り下げているのが仏教だと思う。

 その奥深い仏教の教えの神髄を262文字に凝縮したのが般若心経だと言われるだけあって、ごく短い経文なのにとても深遠で(と僕は感じる)、とても難しい。何度詠んでもわかったようなわからないような気になる。

 だから自然の流れとして解説本をひもとくことになる。これまでにいろいろな著者の解説本を読んだ。松原泰道・哲明親子のもの、仏教僧にして芥川賞作家の玄侑宗久のもの、瀬戸内寂聴のもの、学研のBooks Esotericaシリーズの一書など。

  しかし、どれを読んでも、どうもしっくりこないし、「ああそうなのか」と膝を打つ瞬間がこない。解説本何冊か読んでいるうちにその理由がわかった。どの本も「勝手な」ことを言っているからだ。

 つまり、般若心経の「わかったようなわからないような」教えを、それぞれの著者が自分に引き寄せて「自分はこう解釈する」と説明しているだけであり、解釈のしかたもまちまちで、そもそもお釈迦さまの教えや般若心経を書いた人の考えとそれが合致しているのかどうかも怪しい。

 要するに百人いれば百通りの般若心経の解釈があるのだろうという結論になり、「少しだけ」腑に落ちた。もちろん般若心経の核となる教えは不動のはずで、それをどう現実社会にマッピングするかが、解釈する人によって違うということである。

 では般若心経の核となる教えとは何か? 僕もそれをおぼろげながらつかんでいると思ってはいるのだが、ここで言葉に表して説明するのは手に余る。でも、悔しいからちょっとだけ言っておくと、要するに般若心経の冒頭にあるこのふたつの文句だ(こんなこと誰にでも言えると思うけど)。

「観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄」(観音菩薩さまが奥深い般若波羅蜜多を行われたとき、世の中のすべてのもの、物質的・精神的現象のすべてが実体のないものであると見抜き、一切の苦悩から解放された)

「色不異空 空不異色」(世の中にあるものはすべて実体などなく、母なる無の空間と一体になって存在している)

 これ以上はぼろが出るのでやめておこう。ま、要するにそういうことである(←どういうことだ!?)。そうそう、般若心経の最後に出てくる「ぎゃーてぇぎゃーてぇはーらーぎゃーてぇ・・・」という呪文(マントラ)が何よりも重要らしいということもわかってきた。

 さて、『般若心経絵本』である。作者は『モチモチの木』『えにかいたねこ』などで有名な絵本作家にして真言宗の僧侶、諸橋精光さん。何はともあれ、このわけのわからん世界を絵で表してしまおうという心意気に脱帽。なにしろ、絵に描いてしまうということは、般若心経の世界をイメージとして固定してしまうということなのだから、大胆不敵な話である。

 ここで結論を言ってしまえば、この本も結局般若心経に対する百人百色の解釈に、作者諸橋精光個人の解釈を加えたにすぎない。だから、当方としてはやっぱりしっくりこないが、菩薩さまやシャーリープトラ(舎利子)が無(ハンニャハラミツ)の大海に身を任せて陶然となっている姿など、般若心経の世界をやわらかく穏やかな絵で表されてみると、心へ沁みこむ力が他の本より強いようで、やっぱり絵の力はすごいなと思ったりもする。何よりも他書にくらべて押しつけがましくなく、「こういう考えかたもあるんだよ」と言っているようなところが好感が持てる。

 というわけで般若心経の解説本としてはイチオシとしておく。そうそう、ほんわかとして物足りないところもあるので、もう少し掘り下げた解釈を知りたいという方には、学研のBooks Esotericaシリーズの『般若心経の本』が他書よりも比較的客観的なので、お勧めしておく。

スポンサーサイト

COMMENT

確かに

こんにちは じっちゃん o(^ - ^)o

札幌は雪がたくさん降りました
雪国の冬ですから、当たり前の事だと
ピットママは思います

しかし、高齢になってくると雪かきが大変ですから
大抵の人々は、雪が降るのを嫌がります (*^ . ^*)エヘッ

そこで!じっちゃんの般若心経解釈

「要するに百人いれば百通りの般若心経の解釈があるのだろうという結論になり、「少しだけ」腑に落ちた。もちろん般若心経の核となる教えは不動のはずで、それをどう現実社会にマッピングするかが、解釈する人によって違うということである」

ピットママも、そう思います
また、なんでも上手に自分に取り入れて生活する素のひとつとして
決して形に縛られることなく活用するのが良いかなと思います



No title

ピットママさん

雪かきご苦労様でした。こちらでも先日降った雪がまだ残っており、車を出すために、駐車場の雪かきをしました。そちらに比べれば大したことはありませんが、それでもひと汗かきました。

般若心経に関する感想にご共感いただき、うれしいです。おっしゃるとおり、あるがままを素直に受け入れて前向きに暮らすのが、いちばんいい生きかたでしょうね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。