プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資本主義経済の将来について考えさせられた~『入門経済思想史 世俗の思想家たち』



 以前から経済学には関心があってけっこういろいろ読んでいる。しかし、経済学の発展の歴史についてまとまったものを読んだのは今回が初めてである。

 本書はアダム・スミス、リカード、マルクス、ヴェブレン、ケインズ、シュンペンタ―といった偉大な経済学者の小伝とその理論、その背景にある時代の状況をコンパクトにまとめたものである。コンパクトと言っても文庫本で500ページ以上あるが、著者の語り口が巧みなせいで、最初から最後まで(一応)飽きることなく読み通すことができた。

 今一応と書いたのにはわけがあって、アダム・スミスからマルクスまでは話もよくわかり面白く(いささか興奮状態で)読めたのだがが、それ以降ケインズ、シュンペンタ―のあたりは少しだけしんどくなってしまったのだ。理論が難しくなったこともあるが、それに加えて、作者が面白く読ませようとするあまり、レトリックやストーリーの組み立てを工夫しすぎて、ストレートに話せばわかりやすいものをかえってややこしくしてしまっている嫌いもある。

 この本を読むと経済学の歴史は、資本主義経済(=市場経済)の出現とともに始まり、発展したことがよくわかる。

 その資本主義経済の破たんと共産主義経済の出現を予言したのはマルクスだが、今のところ彼の予言は外れた形になっているが、完全に無効になったわけではない。

 近代経済学は景気循環が起こるメカニズムを解明しようと躍起になってきたが、いまだに好不況の波が激しいことを見ると、まだ答えを見つけ出せないでいることは明白である。全員が全員好況を望んでいると言っていい状況でなぜ不況が発生してしまうのか? それすらわかっていないのだ。それに、そもそも資本主義経済には安定均衡というものがなく、際限なく成長し続けなければならない(その理由について本書に一応の答えが用意されている)。今は技術革新があるからいいが、それがいつまで続くかもわからない。

 景気循環のメカニズムを解明できないうちに、その波が悪いほうに大きく振れて資本主義経済が破たんするということだってないともかぎらないのだ。

・・・とまあ、最後はそんなこと考えてしまった。

 なお、本書はケインズ以降はシュンペンタ―を取りあげているだけで、ケインズ以降の現代経済学については多く触れられていない。そこに若干の物足りなさを感じた。
スポンサーサイト

COMMENT

商売

経済学は学問でしょうから、お勉強は難しそう!

歴史において、どのような事が起こり今日に至っているのかを
知るのは経営者にとっては大事な事なのかもしれません

商売で利益を上げるために、世界経済、地域性、国民性は
大事な要素になってくるのかな〜?

それにいち早く気づき、活用する事ができれば大きな
利益を得る事ができていたのが現代的な経済構造かなと思ったりもします

しかし、経済とは本来どうあるべきものなのか?
それは人となりが作り上げていくものかなとも思います
欲はいけません

経済活動をすることによって、地球の人がよりピースフルな
生活をできるようになるのが一番かなぁとピットママは
いつも思うのです

人の欲に使うお金をもっと有効に活用するのが肝要かなぁ
それにしても近代はITによって、新たなる職業ができてきて
とても興味深いです

なんだか、難しいことは分からないピットママですが
改めて経済について考える機会をありがとうございます
o( _ _ )oアタフタ~

No title

ピットママさん

副作用はあるにせよ、経済の発展は
人類の幸福度を向上してきました。
よく「物質的な幸福より精神的な幸福を」と
言われますが、精神的な幸福も
(よほど人間ができた人を除いて)
物質的な幸福なしにはありえないように思います。

そして経済学はその「物質的な幸福」を
いかにして実現するかを考える学問です。
その究極的な目的は「景気変動をなくし、
ずっと好景気を維持する」方法論を
見つけることです(←私の解釈)。
その答えはまだ見つかっていませんし、
これからも見つからないかもしれません。
ほかの科学同様解かれていない謎が多いのです。
そこが魅力ですし、ほかの科学と比べて
自分自身との関係度が非常に高いので
そこにも魅力を感じています。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。