プロフィール

じっちゃん

Author:じっちゃん
翻訳家。
もとコンピュータ技術者。二足の草鞋で翻訳を始め、定年後フリーランサーに。
【趣味】
①読書:ミステリを中心に時代・歴史小説、歴史や科学などのノンフィクション
②四国遍路(2015年11月結願)
③街道歩き(現在敢行中)
④SNS(ブログ、Facebook、Line)
⑤観劇
管理者ページ

カテゴリ

openclose

お気に入りブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級合格体験記⑦ボキャビル編その2

※前回の合格体験記はこちら

お待た~、英検1級合格体験記⑦ボキャビル編その2です。前回は『Pass単』をネタに単語帳(下の写真)を作ったところまででしたので、今回はその単語帳をどう使って単語を覚えたかをご説明します。
Pass単語帳80
←これ、前回紹介した「じっちゃん特製単語帳」で~す。画像をクリックすると拡大します。

実は前回説明しなかった欄があります。そうそう、数字が入った欄と「レ」欄、「呂」欄です。それらを説明すれば単語帳の使い方が分かります。ということで、これらの欄の使い方をまずは説明しましょう。

READ MORE

英検1級合格体験記⑥ボキャビル編その1

※前回の合格体験記はこちら

お待たせしました(?!)、英検1級合格体験記その⑥をお送りします。前回から2週間以上が経ってしまいました。他に書きたいことがあったり、体験記は書くのにパワーがいることもあり、なかなか頻繁に掲載することができません。お許しを。今後はせめて1週間隔では掲載できるよう努力します。

さて、前回までで受験勉強の基本的戦略は立ちました。今回からは分野別に私の勉強法をご紹介していきます。

最初は、1次試験対策の最重点項目とした語彙強化(ボキャビル)。・・・・ということで、英検1級1次のPART1(語彙・文法)で奇跡の満点を取った ( ̄ ^  ̄)えっへん じっちゃんの語彙力教科方法を伝授いたしましょう。

具体的な話に入る前に前回書いたボキャビルの基本戦略を再掲しましょう。
------------------------------------------------------------
★ボキャブラリ
 ・『Pass単準1級』と『Pass単1級』を用いた単語帳(Excel版)方式を継続。
 ・余力があればもう1つ、2つボキャビル本をやる。
------------------------------------------------------------
ごらんのように基本は『Pass単』です。単語や熟語は「文章の中で覚えろ」とはよく言われますし、私自身これまでは原書を読むことによって地道に語彙力を身に付けていくというスタイルだったのですが、受験準備ともなるとそんな悠長なことを言ってはおられません。しかも、受験までに3ヶ月を切っているとなるとなおさらです。短い間にできるだけ多くの語彙を習得しなければなりません。そして、短い期間でたくさんの単語や熟語を覚えるには単語本を使って覚えるのがやはり手っ取り早い方法です。

 蛇の足1
日本に来て急速に日本語をマスターした外国人の方の話を聞くと、ある時期単語帳や単語カードで日本語の単語を強制的に覚えようとした方が多いようです。やっぱり、時には丸暗記も必要なんだと思います。特に何かを急速に身に付けたいときはね。ちなみにこれですっかり味をしめた私は、英検1級合格後の現在もボキャビル本で英単語の習得に努めております(=^_^=)

READ MORE

「私の英語歴」第2回目掲載しました

「私の英語歴」の第2回目「サンフランシスコ留学記」を掲載しました。

「私の英語歴」の趣旨と注意事項(!)については「私の英語歴①第一の転機」の「『私の英語歴』を始めるにあたって」をご覧ください。

それでも読みたいという奇特な方はこちらをどうぞ。

私の英語歴②サンフランシスコ留学記

※前回の記事はこちら
SF下宿
前回は、会社の国際人育成プログラムに2度目の挑戦で合格し、3ヶ月のサンフランシスコ語学留学が決まったところまででした。今回はそのサンフランシスコ留学について書きましょう。

留学中の滞在先はホームステイと下宿の2つから選べました。語学を勉強する意味ではホームステイの方がいいに決まっていますが、シャイで人見知りで社交的とは言えない私には、毎日家族と顔を合わせねばならないホームステイは気詰まりで、相当ストレスが溜まることが予想されました。でも、研修の効果をきっちりと上げるにはホームステイの方がいい。・・・・・・精神的負担か、研修の効果か、この2つの間で悩んだ結果、結局前者が勝って下宿を選択しました。軟弱ですね~。今思えばやっぱりホームステイにすべきだったかなあと。でも、完全な後知恵ですね。

研修先はサンフランシスコの街の、そのど真ん中にあるELSサンフランシスコ校でした。そして、下宿先は学校が提携しているもので、学校のすぐ近くにありました。だから、下宿もサンフランシスコの街のど真ん中。それもど真ん中中のど真ん中です。

READ MORE

英検1級合格体験記⑤受験勉強の戦略を立てる

※前回の合格体験記はこちら

----●お世話になった過去問・予想問題集(1)総合●--------------------

 ※この中で一冊を選ぶなら『DAILY30日間』でしょう。CD付きだし、問題への取り組み
   方の解説もあるので※
--------------------------------------------------------------

さて、日本英語検定協会(STEP)のHP(http://www.eiken.or.jp/)からダウンロードした過去問にトライして、英検1級に合格するためには、ボキャブラリと英作文、二次の面接がポイントであることが分かりました。

次にはこれを踏まえて受験勉強の戦略を立てる必要があります。前にも書いたように戦略のない受験勉強は羅針盤のない航海のようなものですからね。これは必須です。戦略を立てるにあたっては、ゼロから自分で組み立てるよりも、過去の成功例を見て参考にするのが利口なやり方です。

そこでネットで英検1級に合格された方のサイトを訪れて教えを請うことにしました。その顛末は過去記事「先達に聞け!」「じっちゃんの調査レポート「先達がすすめる英検1級勉強法」(その1)」「じっちゃんの調査レポート「先達がすすめる英検1級勉強法」(その2)」に詳しく書いていますので、ご興味があればご覧になってみてください。

さて、こうして基本戦略を立てるためのデータ収集は終わりました。いよいよこれらのデータをもとに自分自身の戦略を立てねばなりません。

READ MORE

英検1級合格体験記④敵を知り己を知る

※前回の合格体験記はこちら

←もう無用の長物か?旺文社の英検1級過去問集。

こうして昨年(2006年)の5月に初めて「英検1級受験」という6文字が私の頭の中に刻まれました。でも、この時は受験を決めたわけではなく「受けてみようかな」と思ったに過ぎません。それが証拠に、その時点では受験の申し込みをしていません(※)。
 ※結局受験の申し込みを行ったのは2007年度第一回目でした。

ともあれ、英検1級を受験する気になった私がまずしたのは「己の敵を知れ」です。つまり、英検1級という試験がどういうものであるかを調べることにしました。

READ MORE

「私の英語歴」始めました

「英検1級合格体験記」の外伝として「私の英語歴」始めました。「英検1級合格体験記③余は如何にして英検1級を目指せし乎」でボツにした「第一の転機」詳細編を掲載しています。以後私の英語歴を詳らかに記録していく予定です。私的記録の意味が強いため、ひっそりと目だないように掲載していきますので、読んでみたいという奇特な方は"私の英語歴"のカテゴリでどうぞ。ちなみに、第1回はこちら

私の英語歴①第一の転機

※「私の英語歴」を始めるにあたって※

現在連載中の「英検1級合格体験記」で私の英語歴に簡単に触れていますが(「英検1級合格体験記③余は如何にして英検1級を目指せし乎」参照)、その時も書いたように、最初に原稿を作成した際に、私の悪いくせで、簡単にあっさりと片付けるつもりが、第一の転機を書くだけでゆうに連載2回分を超える分量になってしまいました。またその内容も、自分や家族、親しい人以外のお目にかけるのはいかがなものかというものでした。そこで、「英検1級合格体験記」ではその原稿をボツにすることにしました。

しかしながら、ボツとした原稿も自分や家族にとっては記録として残す意味がなくもなく、そのままお蔵入りにするのは惜しいものがあります。また、ひょっとしたら、そんな内容でも読んでみたいという奇特な方がいるやも知れません。そこで「英検1級合格体験記」の外伝として、この「私の英語歴」を始めることにしました。

こういう事情ですので、この「私の英語歴」は第一の読者として私自身と私の家族を念頭に書いており、一般の方が読まれると興味のない話題であったり、冗長であったり、自慢話めいていたり、場合によっては不快な記述があったりするかも知れません。この記事を読まれる方はその点ご了承の上お読みいただくようにお願いいたします。

また、「私の英語歴」カテゴリの記事については目立たぬよう投稿日付は10年前のものとし、記事がブログのトップに出ないようにします。ただし、コメントは他の記事同様大歓迎ですので、どしどしお願いいたします。

それでは、「私の英語歴」第一回のはじまりです。心してお読みください(^_^)

READ MORE

合格証書届きました

昨日英検1級合格証書が届きました。
これです、ジャ~ン! ( ^o)-o<パッパラッパ~~~~♪♪♪♪♪♪

READ MORE

英検1級合格体験記③余は如何にして英検1級を目指せし乎

※前回の合格体験記はこちら

さて、前回は他の方の合格体験記をご紹介しましたが、今回からいよいよ私自身の合格体験記を始めます。

合格体験記となると、そもそも私がなぜ英検1級を受ける気になったということから始めるのが定番なところですが、実はそのことは既に書いてしまっているんですよね~。そもそも、このブログは当初、読書感想文を書くのと並行して、私の英検1級挑戦の様子をリアルタイムでお伝えすることを目指してたんで。

で、過去記事では英検1級の動機をどのように書いていたかというと・・・・。
こちらを参照⇒英検1級に挑戦?!

ここでは今回英検1級を受けようと思った直接の動機は書かれていますが、でもこれだけで英検1級を受けようと思うはずがなく、それまでの積み重ねがあってこの決意に至ったわけです。そこで、今回は私の英語歴を含めてそこらあたりに簡単に触れておきましょう。

ちなみに「英検1級挑戦の様子をブログでリアルタイムでお伝えする」という私の野望はもろくも2ヶ月で挫折してしまいました(その様子はこちら参照)。しかし、その間8回にわたって挑戦の様子をお伝えし、英検1級に向けての勉強戦略等を書いております。ご興味のある方はカテゴリ"Road to STEP-1"の記事をご覧ください。なお、今後連載する合格体験記ではそこに書いた内容と一部重複するものが出てくる可能性がありますので、ご了解ください。

●私の英語歴●
私は、海外留学や海外赴任はおろか、英会話スクールにも通ったことがなく、これまで英語は完全に独学でやってきました。

READ MORE

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
コメント・TBについて

コメント・トラックバックをされる場合は注意事項をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。